「すきま時間」情報

すきま時間をゆとりの「時」へ→2chまとめブログです。空いた時間に覗いてください。おもしろネタ‥わらいネタ‥チョットためになる情報まで‥‥‥色々なカテゴリーお届けします。

    2018年04月



    1 ばーど ★ :2018/04/29(日) 10:11:53.88

    動物愛護管理センターで殺処分のため、容器に入れられた猫

    (出典 saga.ismcdn.jp)


     自民党どうぶつ愛護議員連盟のプロジェクトチーム(座長・山本幸三衆院議員)は、迷うなどして保護された犬や猫の殺処分を減らすため、飼い主を特定する個体識別用マイクロチップの装着を義務付ける動物愛護管理法改正案の骨子案をまとめた。関係者が28日、明らかにした。

     チップの内容を読み取り、飼い主情報を記録したデータベースで飼い主を見つける仕組み。議員立法での早期の国会提出に向け、公明党や野党に賛同を呼び掛ける。

     環境省によると、犬猫の殺処分は2016年度で計約5万6千匹に達する。同省は、チップや名札などの装着を呼び掛けているが、不徹底なのが現状という。

    4月28日17:02
    http://www.saga-s.co.jp/articles/-/210881

    ★1が立った時間 2018/04/28(土) 19:33:54.94
    ※前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1524911634/


    【【殺処分】犬猫へのチップ装着を義務化へ 自民党どうぶつ愛護議員連盟 】の続きを読む



    NO.6315315
    刑務所から脱走 受刑者の男を広島市南区で逮捕
    刑務所から脱走 受刑者の男を広島市南区で逮捕
    警察によりますと、今月8日に愛媛県今治市の刑務所から脱走した平尾龍磨受刑者(27)と見られる男を、30日昼前、広島市南区の路上で確保し、本人と確認されたため、逃走の疑いで逮捕しました。





    【日時】2018年04月30日 12:31
    【ソース】NHK


    【刑務所から脱走 受刑者の男を広島市南区で逮捕 - 事件・事故掲示板】の続きを読む



    (出典 afpbb.ismcdn.jp)



    1 ばーど ★ :2018/04/29(日) 19:57:49.81

    正恩氏「来てみればわかる」…核実験場閉鎖 

     【ソウル=中島健太郎】韓国大統領府の尹永燦ユンヨンチャン国民疎通首席秘書官は29日午前の記者会見で、韓国の文在寅ムンジェイン大統領と北朝鮮の金正恩キムジョンウン朝鮮労働党委員長による南北首脳会談(27日)での正恩氏の発言を明らかにした。

     正恩氏は会談で、5月中に北部豊渓里プンゲリの核実験場を閉鎖することについて、「一部で使われなくなった所を閉鎖するなどと言われているが、来てみればわかる。既存の実験施設よりも大きい二つの坑道があり、とても頑丈だ」と語った。

     また、6月初旬までに米朝首脳会談が行われることを念頭に、正恩氏は「米国は我々に対し、体質的な拒否感を持っているが、我々と対話してみれば、私が南側(韓国)や太平洋上に核を撃ったりだとか、米国を狙ったりする人間でないことがわかる」と述べ、米国との対話に強い意欲を示した。

     正恩氏は「これから頻繁に会って米国と信頼関係が重なり、(米国が朝鮮半島の)終戦や(北朝鮮への)不可侵を約束すれば、なぜ我々が核を持って、苦労して暮らさなければならないのか」とも語った。

    2018年04月29日 12時09分
    YOMIURI ONLINE
    http://www.yomiuri.co.jp/world/20180429-OYT1T50038.html?from=ycont_top_txt


    【【北朝鮮/無慈悲終了】金正恩氏「我々と対話すれば、私が太平洋上に核を撃つとか、米国を狙ったりする人間でないことがわかる」】の続きを読む



    (出典 prtimes.jp)



    1 ニライカナイφ ★ :2018/04/29(日) 18:28:35.97

    ◆リケジョ急増中!? 医学部合格率トップ2はともに女子校だった! 首都圏中高一貫校ランキング

    「リケジョ=理科系女子」という言葉が使われるようになって久しいが、どうやら医学部受験においても最近このリケジョが躍進しているらしい。
    「カンペキ中学受験2019」(朝日新聞出版)から、首都圏中高一貫校の国公立大全医学部と私立大全医学部の合格率(ランキング(2017年データ)をお届けする。

    表は防衛医科大学校を含む全国公立大医学部と全私立大医学部の合格率(現浪合計の合格者数÷卒業生数×100)ランキングだ。
    医学部人気は高いが、難しくなり過ぎて高値安定の状況になっている。
    こうなってきた一因は医学部の定員増。定員増により狙い目になったと考える理系の受験生が医学部を目指すようになり、志願者が増えたのだ。

    07年の7625人から、18年には9419人と1794人、23.5%も増えている。
    この2年の間に宮城県仙台市に東北医科薬科大医学部、千葉県成田市に国際医療福祉大医学部が新設された。

    ■医学部合格率1位は桜蔭、2位は白百合学園

    合格率トップは桜蔭の63.25%だ。
    2位が白百合学園の48.26%でともに女子校だ。

    別学校が強く、トップ10は女子校4校と男子校6校で、トップ30を見ても共学校は5校だけだ。
    手に職をつけたいと考えるリケジョのトップ層が、医学部を目指す傾向が強く、女子が増えていると見られる。

    その合格の内訳を見ると、トップの桜蔭は国公立大が53人、私立大が95人だ。
    2位の白百合学園は国公立大9人に対して、私立大は74人で、私立大合格者が圧倒的に多い。
    他でも共学校トップの11位の秀明、15位の光塩女子学院、23位の浦和明の星女子など、国公立大合格者がひと桁の学校も少なくない。

    これには医学部の偏在が影響している。
    国公立大は1都3県(東京、埼玉、千葉、神奈川)には4校しかなく、防衛医科大を加えても5校だ。

    一方、私立大は16 校あり、全私立大医学部31校の半数以上に上る。
    首都圏で私立大医学部を目指す受験生が多いのは、無理のないところだろう。

    ■写真
    表中の「国」は国立、「私」は私立、「公」は公立。
    2017 年のデータ。合格者数は現役と浪人を合わせた人数

    (出典 cdn.images-dot.com)
    ?update=20180425191704

    (出典 cdn.images-dot.com)
    ?update=20180425191704

    AERA dot. (アエラドット) 2018.4.27 07:00dot.
    https://dot.asahi.com/dot/2018042300091.html?page=1


    【【リケジョ急増中】 医学部合格率トップ2はともに女子校だった 首都圏中高一貫校ランキング】の続きを読む



    (出典 img.cinematoday.jp)



    1 きゅう ★ :2018/04/29(日) 12:56:52.66 ID:CAP_USER9.net

     4月20日発売の「FRIDAY」(講談社)によると、『パパはニュースキャスター』(TBS系)、『古畑任三郎』(フジテレビ系)などの主演で知られる俳優の田村正和が引退する意向を示していることがわかった。

     田村は今年2月17日放送の単発時代劇『眠狂四郎 The Final』(フジテレビ系)に主演。自身の代表作のひとつであるニヒルなヒーロー「眠狂四郎」をおよそ20年ぶりに演じるとのことで、当の田村も張り切った作品だったが、試写を見て自身の狂四郎の演技に納得がいかず、引退を意識しはじめたという。

     昭和および平成を代表する田村の引退は全国のファンへ衝撃を与えたが、確かに今年に田村が主演した『眠狂四郎 The Final』はかなり「キワモノ」の作品であったことは否めない。眠狂四郎の父親はポルトガル人の宣教師で、その父親と日本人の女性の間に生まれたハーフという絶対に崩せない設定があるため、田村は御年74歳にして35歳の役柄を演じる、というかなり無理のあるキャスティングに。また、狂四郎の弟という設定の加賀美耀蔵は田村とは親子ほど年の離れている53歳の椎名桔平が、さらに、狂四郎の祖父にあたる松平主水正に至っては田村とわずか4歳しか年の離れていない78歳の津川雅彦が演じるなど、かなりの混乱が生じた作品であった。

     このような無理のある設定のドラマに主演しなくてはいけなくなった、田村には業界内部から同情の声も上がったが、その一方で田村の引退には「致し方なし」との意見もわずかながらあるという。

     「田村さんは典型的なスター俳優で、故・高倉健さんと同じく『主演しかしない』というタイプの俳優さんです。ですが、そのタイプの俳優は、もはや時代遅れでドラマ斜陽の現代にはまったく需要がありません。田村さんもキムタクのような映画作品に主演するタイプの俳優なら、もう少し活路を見出せたのですが、田村さんは2007年の『ラストラブ』以降、映画での主演作はなく、ドラマでしか仕事はありません。ドラマ企画でも、単発を除いては『田村正和モノ』は企画すら出されず、80年代のトレンディドラマを知らない若いスタッフの間では『かつての大スター』としか思われてないようです」(芸能記者)

     かつての「二枚目スター」も時代の流れには勝てなかったか…。

    https://wjn.jp/article/detail/9656447/


    【【芸能】往年の大スターなのに、なぜ需要がない? 引退宣言の田村正和に「致し方なし」の声】の続きを読む

    このページのトップヘ