「すきま時間」情報

すきま時間をゆとりの「時」へ→2chまとめブログです。空いた時間に覗いてください。おもしろネタ‥わらいネタ‥チョットためになる情報まで‥‥‥色々なカテゴリーお届けします。

    カテゴリ: ニュース



    (出典 number.ismcdn.jp)



    1 記憶たどり。 ★ :2018/10/06(土) 08:42:05.80

    https://www.daily.co.jp/general/2018/10/05/0011704756.shtml

    20年東京五輪・パラリンピック組織委員会は5日、先月26日に募集を開始した大会ボランティアの10日間での応募状況を発表した。
    募集人数8万人のうち、この10日間(5日10時時点)で3万1982人が応募完了。ボランティアページ登録者は6万1826人になっているという。

    募集の締切は12月上旬。待遇面を巡って、批判もある大会ボランティアだが、どこまで数字を伸ばせるか。


    前スレ
    http://asahi./test/read.cgi/newsplus/1538720891/
    1が建った時刻:2018/10/05(金) 15:28:11.93


    【【五輪】東京五輪ボランティア、募集開始10日間で3万2000人登録。募集人数は8万人★2】の続きを読む



    (出典 mofmof-investor.com)



    1 ばーど ★ :2018/10/06(土) 08:50:54.79

     金融庁から一部業務停止命令を受けたスルガ銀行で、不正融資が横行した背景には、組織内にはびこっていたパワハラがあった。

     「数字ができないなら、ビルから飛び降りろ」――。

     外部の専門家による第三者委員会が9月にまとめた報告書によると、業績の伸び悩んでいたある行員は、上司からこう叱責しっせきされた。営業部門では、現場責任者を務める管理職が行員に対し、会議や電話で日常的に暴言を繰り返し、行員からは「どう喝してもよいという文化がある」との指摘もあった。

     数値目標を達成できなかった行員が「*でも頑張ります」と述べると、上司が「それなら*でみろ」と迫ったこともあった。

     ある行員は「非公式な異動、会議の場での侮辱、休日出勤の強要など枚挙にいとまがなかった」と、社内制度を無視した横暴が繰り返されていたことを、調査を担当した弁護士に告白していた。

     時には暴力行為も黙認された。ある行員は「首をつかまれて壁に押し当てられ、顔の横の壁を殴った」と証言した。立たされたまま2~3時間にわたってどなられ、「天然パーマを怒られる、1か月間無視され続ける」などの中傷に近い被害を受けた行員もいたとされる。

    (ここまで496文字 / 残り185文字)

    2018年10月05日 22時43分
    YOMIURI ONLINE
    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20181005-OYT1T50104.html

    関連スレ
    【金融】スルガ銀行に業務一部停止命令。来年4月まで6ヶ月間。金融庁
    https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1538720644/

    ★1が立った時間 2018/10/06(土) 01:10:32.66
    ※前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1538755832/


    【【スルガ銀行】「数字ができないなら、ビルから飛び降りろ」「死んでみろ」 不正背景に「どう喝文化」…天然パーマも怒られる】の続きを読む


    今井絵理子"不倫疑惑"相手と交際宣言も「ゲスすぎ」批判相次ぐ - 政治・経済ニュース掲示板


    NO.6976366
    今井絵理子"不倫疑惑"相手と交際宣言も「ゲスすぎ」批判相次ぐ
    今井絵理子"不倫疑惑"相手と交際宣言も「ゲスすぎ」批判相次ぐ
    元SPEEDで自民党の今井絵理子参議院議員が、昨年報じられた不倫疑惑の相手、元神戸市議の橋本健氏との交際を継続させていることがわかった。

    現在、橋本氏は妻との離婚が成立しているものの、ネット上では「議員としてその倫理観どうなの?」「こんな人が議員なんて嫌悪感しかない」といった厳しい声が集まっている。

    昨年7月「週刊新潮」(新潮社)が、今井と橋本氏の不倫疑惑を報道。

    今井はそれに対し「一線は越えていない」「略奪不倫では断じてない」などと否定したものの、誌面には新幹線で手をつないで眠る姿が掲載されていた。

    「本日発売された『週刊新潮』では、2人が現在も交際を継続させていることを報じました。また、『新潮』の取材に対し、今井が再婚について『きちんと話し合いが出来ればいい』と、再婚に前向きとも取れる内容を語ったことで、ネットユーザーからは『恋愛にうつつを抜かす人に国政は任せられない』『母より女でいたいんだね……』という声が噴出。今井の息子と3人で仲睦まじくショッピングをしていたことも報じられており、『子どもが可哀想』『泥沼に巻き込むなんて、子どももいい迷惑でしょ』という声も上がっています」(芸能ライター)

    報道を受け、今井は同日にブログを更新し「元神戸市会議員の橋本健さんとお付き合いさせていただいております」と宣言した上で、「(略奪について)そのような事実はありません。不倫も不法行為もありません」と釈明しているが――。

    「不倫疑惑発覚時も、今井は頑なに『一線は超えていない』ということをアピールしていましたが、その一方で2人の関係について『好意というのはお互い持っている』と説明していました。仮に“行為”はなかったとしても、橋本氏は事実上浮気をしていたことは明らか。この過去の発言についても、今回『お互い両想いだって言ってるのに今更「不倫ではない」は無理がある』『大嘘つきだね』『あまりにもゲスすぎ』と批判が集まっており、非を認め謝罪するならまだしも、事実を否定し続けるそのモラルのなさに呆れた声が多く聞かれています」(同)

    参議院議員の任期は4年。

    来年7月に実施が見込まれる参議院議員選挙を前に辞職を求める声も多く聞かれているが、果たして今井が国民の声に耳を傾けることはあるのだろうか――。
    【日時】2018年10月03日 14:39
    【提供】サイゾーウーマン


    【今井絵理子"不倫疑惑"相手と交際宣言も「ゲスすぎ」批判相次ぐ - 政治・経済ニュース掲示板】の続きを読む



    (出典 www.nikkei.com)



    1 ばーど ★ :2018/09/15(土) 09:17:29.88

    ■日本では起きないとされていた「ブラックアウト」

    ※省略

    ところが、地震発生直後から17分以内に北海道全域で電力供給が止まり、短時間での復旧が不可能となりました。この状態をブラックアウトと呼び日本では起こりえないとされてきた極めて深刻な電力事故でした。このような大規模広域停電としてよく知られているのは2003年北アメリカ大停電で、5000万人が影響を受けました。当時日本では、小規模電力会社で構成されるため、広域送電技術の遅れている合衆国、カナダ固有の問題であって優れた送電技術を持つ日本では起こりえないとされました。今回それが北海道で発生したといえます。

    ブラックアウトが生じると、火力、原子力などの汽力発電所(蒸気や高温ガスでタービンを回し発電する発電所)の再起動は単独では不可能となり、水力発電によって電力を汽力発電所に供給し、その電力によって起動してゆきます。そのため再起動にはたいへんな時間がかかります。

    このブラックアウトによって泊発電所が外部電力喪失となり、非常用ディーゼル発電機(DG)によって所内電力を供給することになりました。2011年の福島核災害(Fukushima Nuclear Disaster)は、地震により夜の森27号鉄塔が倒壊したことによる外部電源喪失が引き金になって起こっていますので、多くの市民がまた核災害が起きるのではと恐怖を感じ、一時騒然となりました。幸い、泊発発電所では非常用DG起動に成功し、その日のうちに外部電源も回復しましたので事無きを得ています。

    このブラックアウトがもしも厳冬期に起きれば、確実に数多くの凍死者がでていました。また不幸な条件が重なり、泊発電所で大規模核災害が生じた場合、福島核災害と異なり、発電所の東側に広大な居住地が広がる為にきわめて深刻な被害を生じていました。

    ■止まっていてむしろ幸いだった泊発電所

    震災当時、泊発電所は福島核災害後の再審査に手間取っており、運転認可がありませんでした。結果、泊発電所の全原子炉は停止後6年を経て冷温停止状態でした。そもそも、核燃料は原子炉の中になく、すべて使用済み核燃料プール(SFP)で冷却中でした。

    ※省略
     
    原子力・核施設の安全を確保する為にとても大切なのは時間的余裕(時間稼ぎ)です。使用から何年も経過した使用済み核燃料は、十分に「冷えて」いて電源喪失後も緊急時対応に使える時間はたっぷりあります。したがって、人の手が加えられる限り(人が近づける限り)燃料溶融のような破滅的危機に陥ることは無いと考えて良いです。

    これがもしも運転中の原子炉ですと、外部電源喪失後に非常用DG起動に失敗し、更なる措置にも失敗して原子炉の熱除去に失敗した場合、速やかに(約2時間程度で)炉心は溶融し、最悪の場合は原子炉が爆発、崩壊することで大規模核災害に到ることになります。もちろん、非常用DGは二重化されており、高い信頼性がありますし、今回は無事に起動しています。したがって、運転中であっても今回は無事に冷温停止に持ち込めたと思われます。

    しかし、事実として運転中と停止中の原子炉では根本的に内包するリスクは異なります。

    停止中の原子炉と運転中の原子炉とでは、安全余裕に雲泥の差があります。時々見受けられる運転中の原子炉も停止中の原子炉も、安全性に違いがないから運転していたほうが良いと言う無根拠の意見は、根本的かつ完全に誤っています。そのような言論には塵芥ほどの価値もありません。

    ※省略

    ■「泊発電所が稼働していれば大停電はなかった」論の愚

    ■そもそも「不適格」状態だった泊原発

    ■動いていてもブラックアウトは起きていた

    ※省略

    結論を書けば、今回仮に泊発電所が動いていた場合、定格出力運転中の原子炉は苫小牧での送電網破綻の影響で緊急停止することになり、その上ブラックアウトの為に外部電源を喪失します。これはたいへんに危険なことで、もしもここですべての非常用DGの起動に失敗すれば最終的に原子炉が爆発する可能性があります。

    これは北海道電力特有の弱点で、今回その弱点が露呈したと言えます。これにより、今後泊発電所の適合性審査はさらに難しいことになると考えられます。なぜなら、安定した送電と外部電源という多重位防護の第1層に弱点

    以下全文はソース先で。

    2018.09.10
    HARBOR BUSINESS Online
    https://hbol.jp/174509

    ★1が立った時間 2018/09/11(火) 13:13:13.32
    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1536819488/


    【【北海道地震】「泊原発が動いていれば停電はなかった」→動いていてもブラックアウトは起きていた 止まっていてむしろ幸いだった】の続きを読む



    NO.6930425
    暴風雨の中で肉まんをむさぼる女性が発見される
    暴風雨の中で肉まんをむさぼる女性が発見される
    豪雨、台風、地震と日本列島を襲う災害。

    そんな折、暴風雨の中で肉まんをむさぼる女性が激写され話題になっている。

    場所は中国か……。

    家の中で怯えていた自分が恥ずかしくなったのは気のせいだろうか。
    【日時】2018年09月13日 12:00
    【提供】激裏情報


    【暴風雨の中で肉まんをむさぼる女性が発見される - ニュース総合掲示板】の続きを読む

    このページのトップヘ