「すきま時間」情報

すきま時間をゆとりの「時」へ→2chまとめブログです。空いた時間に覗いてください。おもしろネタ‥わらいネタ‥チョットためになる情報まで‥‥‥色々なカテゴリーお届けします。

    カテゴリ: 気になる情報



    (出典 news.nifty.com)



    1 砂漠のマスカレード ★ :2018/09/16(日) 04:48:03.13 ID:CAP_USER9.net

    今年8月にタレントのウエンツ瑛士(32)が、10月から1年半イギリスへ留学すると発表。日本での活動を休止して、ロンドンで舞台を勉強するという。
    留学を発表する芸能人は意外と多いが、留学を機に芸能界から消えてしまった芸能人もいる。
    2016年4月に活動の拠点をアメリカ・ニューヨークへ移すと発表した、ピース・綾部祐二(40)もその内のひとりだ。

    昨年10月からニューヨークへ移り住んだ綾部は、自身のInstagramへアメリカを全力で楽しんでいる様子を公開。
    女子大生の卒業旅行のような投稿に最初は注目が集まったが、徐々にメディアへ取り上げられることは無くなった。
    とはいえ、インスタグラムにあげた写真は2万を超える「いいね」がつくなど、まだまだ世間からは忘れられていない様子。
    渡米する前に「コメディアンとしてやりながら、最終的な目標はハリウッドスター」と明かしていた綾部だが、花開く日は来るのだろうか。

    今回は綾部のように、留学を発表して姿を消した芸能人たちをご紹介していこう。

    ●大島優子

    元AKB48・大島優子(29)は、火消しのために海外へ姿をくらませたと言われている。
    去年6月に大島は、「AKB選抜総選挙」で結婚宣言した元NMB48・須藤凜々花(21)への批判動画を公開。
    動画内で大島は「結婚発表ね。何考えているのかしら?」「この帽子が、きっと私のすべての言葉だと思うの」とコメントし、“FUCK”と書かれた帽子を画面へ差し出した。

    すると、「ひたすら下品」「結婚の子も無いけど、これも無いわ」と大炎上。
    大島は「不適切なコメントをして申し訳ございません」と謝罪している。
    その後、大島は留学を発表して渡米した。しばらく音沙汰がなかったが、来年1月から上演される舞台『罪と罰』への出演が決定。
    このニュースが拡散されると、ネット上からは「存在忘れてたわ」「もう引退していいのに」といった手厳しい声が上がっている。

    ●マリエ

    2005年から、“セレドル”(セレブなアイドル)として活躍したマリエ(31)も留学を機に姿を消している。マリエは11年3月19日に、
    自身のTwitterへ「くだらね、世の中チャリティ産業かょ!?」
    「こっちはいろんなところから募金です金くださいって れんらくがたえなくってこまってんだよ! もー! だれもしんじらんない! みんなだいっきらい!」(原文ママ)とツイート。
    東日本大震災の直後に行われた、有名人たちの支援活動に苦言を呈していた。

    その後ブログで謝罪したマリエだったが、テレビの仕事が激減。11年10月に、ニューヨークにある美術大学への留学を発表している。
    翌12年に半年間の留学から帰国していたことを明らかにしたが、全く話題にならず仕舞い。
    しかし今年4月に『有吉ジャポン』(TBS系)へ出演した際は、「懐かしいなあ!」「こんな人いたね! 今何してんだろ」と少し話題になった。

    ●鞘師里保

    元モーニング娘。の鞘師里保(20)は、2015年のグループ卒業後に留学を発表して忽然と姿を消した。
    ダンスと英語を勉強すると言って海外へ旅立った鞘師。
    しかし留学先から音沙汰は無く、ファンは現在の鞘師を知ることができずにヤキモキしていた。

    しかし今年6月、元モー娘。の新垣里沙(29)がブログに鞘師とのツーショットをアップ。
    久しぶりの鞘師を見たファンからは、「帰国してたの!?」「ううう、やっぱり鞘師が好きだ…」「鞘師ぃぃぃぃい!」と歓喜の声が上がっていた。
    しかし、新垣は鞘師とのツーショットをその日の内に削除。
    ネット上からは「事務所は鞘師を使ってなんかやろうとしてるのか?」「まさか復活とか?」「事務所が鞘師を表立たせない理由って何?」といった声が上がっている。

    http://dailynewsonline.jp/article/1521734/
    2018.09.15 09:00 トカナ


    【【芸能】ウエンツ瑛士だけじゃない! 留学して姿を消した芸能人4人「存在忘れてた」「懐かしい」】の続きを読む



    NO.6931864
    電車内で女子大生に「男女逆なら痴漢だぞ!」記者の言い分は
    電車内で女子大生に「男女逆なら痴漢だぞ!」記者の言い分は
    漫画喫茶と新幹線内で立て続けに起きた無差別殺傷事件により、通り魔犯罪の密室化が危惧されている。

    そこで、実際に“通り魔未満”街中トラブルメーカーたちの言い分を聞いた。

    ■電車内で女子大生を恫喝! 「僕なりの教育として」
    「車内が混雑した状況で、後から乗ってきた女子大生が、持っていた1m近くある紙袋を盾に、もっと前に進めとプレッシャーをかけてきた。しかし、車内は他にもすいていたので無視。すると次第に『どけ』と言わんばかりに、僕の尻の割れ目にまで紙袋を押し込んできたんです」

    こう話すのは、某有名新聞社の記者、元木裕也さん(仮名・38歳)。

    たまらず「やめてください」と紙袋を振り払うまでは彼に落ち度はないが、“スイッチ”が入ったのは次の瞬間。

    「そっちが前に行けばいいでしょ」と言い返してきた女子大生が、かなりの美人だった。

    「この手の女はどんな勝手な振る舞いをしても顔で許されてきたタイプ。これはいつ男を逆上させ殴られてもおかしくない。思い知らせてやらねばならん」

    そう思った元木さんは殴りかからんばかりの勢いで「これが男女逆なら、痴漢だぞコラー!」と大声を上げた。

    「これは女に対す..



    【日時】2018年09月13日 15:51
    【ソース】日刊SPA!


    【電車内で女子大生に「男女逆なら痴漢だぞ!」記者の言い分は - ニュース総合掲示板】の続きを読む



    NO.5694571
    「フライデー」美人局“セックス動画”流出のアイドルAとは?
    「フライデー」美人局“セックス動画”流出のアイドルAとは?
    8月4日発売の「フライデー」(講談社)が、現役アイドル・Aによる“美人局”の「証拠セックス動画」を入手したと報じている。

    誌面にはモザイク入りではあるものの、Aの全裸画像などが掲載されており、「場合によっては警察沙汰に発展しかねない」(スポーツ紙記者)と、業界内で物議を醸している。

    同誌によれば、今回流出した動画は3年前に撮影されたもので、裸のAと映っているのは青年実業家・B氏とのこと。

    Aは、自身が心酔するという芸能事務所社長・Cの仲介でB氏と出会い、肉体関係を結んだそうだ。

    しかも、AはC社長の指示で行為中の自分たちを盗撮し、その動画を使ってC社長がB氏を恐喝していたと伝えている。

    「誌面には、一糸まとわぬ姿のAが、ベッドの上でBと会話をしたり、カメラにお尻を向けてキスしている画像が公開されています。また、記事の中では“Gカップ”や“写真集だけではなくドラマや映画にも出演”といったAを特定するヒントが散りばめられている。盗撮や恐喝が事実であれば、C社長だけでなくAも罪に問われかねない内容です」(同) 

    同誌発売前日から、業界内ではAの情報が拡散されていたという。

    「アイドルだけでなく女優としても活動するAは、過去にフジテレビ系“月9ドラマ”にも出演しています。しかし、芸能活動よりも、数々のトラブルで有名になった印象が強いです」(芸能プロ関係者) 

    その“トラブル”には、今回と似たような流出騒ぎもあったようだ。

    「Aは過去にも『セックス写真』絡みのトラブルが、一部週刊誌で報じられている。相手の男性が“芸能界の重鎮”と呼ばれる有名人だっただけに、業界やネットなどではそれなりの騒動になりましたが、本人は一切コメントを出しませんでした」(同) 

    それでも、同騒動でスキャンダラスなイメージがついたAには、それに見合う過激なオファーも舞い込んでいた。

    「この時期から、複数の社がAに対して写真集や映像などでヌードオファーを行っていたんです。ただ、Aはグラビアの経験があるとはいえ、『絶対に乳首は出さない』という主義を貫いており、実現には至っていません」(出版関係者) 

    ポリシーとして守り抜いてきたヌードが、こんな記事で出てしまったことについて、A本人としては、自業自得では済まされない思いだろう。

    不可思議な流出騒動の今後は――。
    【日時】2017年08月04日 11:45
    【提供】サイゾーウーマン


    【「フライデー」美人局“セックス動画”流出のアイドルAとは? - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む



    NO.6927345
    池上彰氏情報番組、ゲストの小中学生20人以上が子役タレントと判明
    池上彰氏情報番組、ゲストの小中学生20人以上が子役タレントと判明
    ジャーナリストの池上彰さん(68)が司会をするフジテレビ系番組「池上彰スペシャル!」で、ゲストの小中学生約70人の少なくとも20人以上は子役タレントと分かり、ネット上で論議になっている。

    子役とはいえタレントを集めたのなら、それを知らせるべきだったとの批判も多い。

    J-CASTニュースは、フジテレビに、それらの疑問を尋ねた。

    ■2つの小中学校の協力とだけ表示
    「大人は決して口に出せない...奇想天外なギモン」。

    2018年9月7日夜放送の番組では、こんなテロップを掲げて、「日本とアメリカの大問題」を特集した。

    池上さんは、スタジオに集まった小中学生を前に、「子供ってね、『王様は裸だ』って言えるんだよね。忖度しないでね、厳しい質問が出てくるんじゃないか」と期待たっぷり。

    まず、子供から募ったギモンとして、「日本はアメリカのご機嫌取りばかりに見えるのはなぜ?」というテーマを取り上げた。

    このギモンを出した小6の出演者は、「トランプさんが校長先生で、安倍さんがなんか担任の先生みたい」と理由を述べ、日本に対して、「忖度ばっかりしているんじゃなくて、なんかちゃんと意見を言った方がアメリカも気持ちが分かる..


    【日時】2018年09月11日 19:50
    【ソース】J-CASTニュース


    【池上彰氏情報番組、ゲストの小中学生20人以上が子役タレントと判明 - 芸能ニュース掲示板】の続きを読む



    NO.6923002
    ルイ・ヴィトンは10万円の財布1つで、3万円も儲けていた!!
    ルイ・ヴィトンは10万円の財布1つで、3万円も儲けていた!!
    ■ラグジュアリーブランドはいったい、どれくらい儲けているのか
    「ラグジュアリーブランドなんて高いだけ、ぼったくりじゃないか」

    そんな声に対して、私、アントニオ犬助は、常々そうではないと主張してきました。

    ゼロから、ルイ・ヴィトンと同じようなバッグを造ることを、想像してみてください。

    どれくらいコストがかかるのか。

    デザインは洗練されている、使い勝手もいい、丈夫で長持ち。

    これらの条件を満たしたものをブランドに頼らずに手に入れようとするならば、ヴィトンでバッグを購入するより、はるかに高額なコストがかかるはず。

    加えてラグジュアリーブランドにはステイタス性まであるのですから、コストと同等以上のバリューはあるは、あると思うのです。

    「それでも、高いものは高いよ!!」

    ……うーん、確かにそうですね。

    では、それらのブランドはどれぐらい儲けているのでしょうか。

    今回は、それを見ていこうと思います。

    ■やはり巨大企業だった、LVMH
    「ヘネシー」「ドン・ペリニヨン」など高級洋酒、「ゲラン」など名門化粧品・香水、「ウブロ」など高級腕時計・宝飾品、そして「ルイ・ヴィトン」などレザーグッズ・ファッション。

    これら60近くのラグジュアリーブランドを傘下に持つ、巨大コングロマリットといえば「モエ・ヘネシー・ルイ・ヴィトン(LVMH)」。

    そんなLVMHも株式を公開している一企業ですから、決算時には財務状況を公表しなくてはなりません。

    その資料に公表されていた、昨年1月から12月までの売上は426億3,600万ユーロ、営業利益は81億1,300万ユーロ。

    1ユーロ130円で計算すると、売上は5兆5,426億円、営業利益は1兆547億円となっている……えーっと、あまりにも数字が大きすぎますからピンとこないかもしれませんが、LVMHがもし日本の企業なら、営業利益のランキングはトヨタ、NTTについで堂々3位、ソフトバンクやNTTドコモ、KDDIよりも上に位置します。

    ■ケタ違いの営業利益率に注目
    そんな巨大な収益を上げているLVMHなのですが、なぜ、こんなに儲かっているのか?というと営業利益率が高いから。

    グループ全体なら19%、レザーグッズ・ファッション部門に限るなら、実に32%という数字が出ているのです。

    つまりヴィトンの財布を購入したならば、そのうち32%がLVMHの懐に入るということ。

    財布が10万円だったとしたならば、財布の原価はもちろんショップの地代家賃、スタッフの人件費、広告宣伝費もろもろの合計金額が6万8,000円ということ。

    その残りの3万2,000円が営業利益ということです。

    ちなみにユニクロの営業利益率は10%前後なのですが、このことから考えると、いかにLVMHが儲けているかがわかるというもの。

    もちろんユニクロの数字は、決して悪い水準ではありません。

    ちなみに他のラグジュアリーブランドの営業利益率もあげておくとシャネルが28%、グッチが34%、エルメスが35%。

    どこもかしこも、アパレルというジャンルで考えるならば、ラグジュアリーブランドはどこもケタ違いの高利益率をたたき出しているのです。

    ■傾けられてきた努力にこそ価値がある
    「それだけ儲けてるんだから、やっぱりぼったくりじゃないか!!」

    そんな声が聞こえてきそうですね。

    しかし、ここで考えるべきは営業利益率でもなければ、コストでもありません。

    繰り返しになりますがバリュー、購入者にどれだけ楽しい思いをさせてくれるか?ということなのです。

    そして、こんな高収益があげられるビジネスモデルを造り上げるまでに、傾けられて来た努力たるや想像を絶するものがあると思うのです。

    銀座の一等地に店を構えたり、キレイなおねえちゃんをスタッフで雇ったり、話題性の高いセレブリティをモデルで使ってみたり、どこかの芸術家のパトロンになったり……そんな努力を数10年も積み重ねてきた結果、高収益のビジネスモデルにたどり着いたと考えるべきでしょう。

    しかし、グッチが34%……あの珍奇なコレクションが、これほどの高収益に結びついているとは。

    アパレルいや、ラグジュアリーブランドとは実に奥が深いものですね。
    【日時】2018年09月10日
    【提供】YAZIUP


    【ルイ・ヴィトンは10万円の財布1つで、3万円も儲けていた!! - ニュース総合掲示板】の続きを読む

    このページのトップヘ