「すきま時間」情報

すきま時間をゆとりの「時」へ→2chまとめブログです。空いた時間に覗いてください。おもしろネタ‥わらいネタ‥チョットためになる情報まで‥‥‥色々なカテゴリーお届けします。

    カテゴリ:趣味 > スポーツ


    ついに決断!金足農・吉田、プロ野球志望届提出へ - スポーツニュース掲示板|爆サイ.com関東版


    NO.6979845
    ついに決断!金足農・吉田、プロ野球志望届提出へ
    ついに決断!金足農・吉田、プロ野球志望届提出へ
    平成最後の怪物、プロへ−。

    今夏の第100回全国高校野球選手権大会(甲子園)で準優勝し、卒業後の進路が注目されていた金足農(秋田)・吉田輝星投手(3年)が、プロ野球志望届を提出する意向を固めたことが4日、分かった。

    当初進学が有力視されていた八戸学院大(青森)に断りの連絡を同日夜に入れた。

    “金農フィーバー”を巻き起こした右腕は、9日にも記者会見で決断を表明。

    11日の期限までにプロ志望届を提出する。

    注目の決断が下された。

    この日、金足農・中泉一豊監督が八戸学院大・正村公弘監督に対し、吉田の進学を断る連絡を入れたことが関係者への取材で分かった。

    プロ野球か、大学進学か。

    二者択一を迫られていた吉田が、ついにプロ志望届を提出する意向を固めた。

    吉田は、高校最後の試合となった2日の福井国体準々決勝(対常葉大菊川=静岡)の試合後に「秋田に帰って結論を出したい」と現時点での白紙を強調。

    一方で「(甲子園での評価は)地方大会とは全く違うので、しっかり考えたい」と揺れる胸中を明かしていた。

    その試合では自己最速の152キロを記録したが「まだ高校生の体なので、もっと体を鍛え上..



    【日時】2018年10月05日 05:05
    【ソース】サンケイスポーツ


    【ついに決断!金足農・吉田、プロ野球志望届提出へ - スポーツニュース掲示板|爆サイ.com関東版】の続きを読む



    (出典 www.soccer-king.jp)



    1 豆次郎 ★ :2018/09/11(火) 22:55:50.75

    日本 vs コスタリカ

    1-0 オウンゴール 前半16分
    2-0 南野 拓実 後半21分
    3-0 伊東純也 後半AT

    9/11(火) 21:15配信
    森保JAPANの初陣は3-0の完勝、コスタリカ相手に勝利を奪う

    11日(火)の19時20分にキックオフを迎えた日本代表対コスタリカ代表の一戦。初陣となった森保監督は4-4-2のフォーメーションを採用した。

    前半は日本がゲームを支配する。しかし、最初に決定機を作ったのはコスタリカ。右サイドを突破され、レアルにシュートを放たれるも槙野が足に当て難を逃れた。

    前半15分に日本代表が先制点を挙げる。右のコーナーキックから佐々木が合わせるとDFに当たり、そのままゴールへ吸い込まれた。

    前半38分にも日本代表に決定機。小林が落としたボールを南野がシュートを放つも、相手ゴールキーパーのファインセーブに合う。

    前半は1-0で終了。日本代表がリードして後半戦へ。

    後半開始後も日本ペースが続く。後半12分には中島が左サイドからクロスを挙げるも、合わせた南野のシュートは枠をそれた。

    後半14分に日本にまたしてもチャンス。攻撃の起点となっている右サイドの中島から小林、堂安と繋ぎ、シュートまで持ち込むも、GKの頭上を越えたボールはゴールとはならなず、相手DFがゴールラインぎりぎりでクリアした。

    後半19分にも日本のチャンス。前線の南野がPA内でボールをキープすると、こぼれ球に堂安が反応。瞬時にシュートを放つもゴール左に外れた。

    後半20分にようやく追加点。右サイドで起点となった中島がPA内でフリーとなった遠藤へスルーパス。PA左で受けた遠藤が南野にパスを送り、ダイレクトでシュートを放つ。相手DFの股を抜けたシュートはキーパーも触れず、ゴール右下に決まった。

    その後、森保監督は車屋や浅野、守田、天野、伊東、三竿を投入した。

    後半44分にはコスタリカのFKからチャンスが生まれるも、遠藤がきっちりとクリアした。

    後半45分に日本が3点目を奪う。右サイドから切れ込んだ伊東がゴール左隅に決めて3-0とし、そのまま試合終了。

    初陣となったコスタリカ戦を3-0の勝利で締めくくった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180911-00010022-sportes-socc

    ★1がたった時間:2018/09/11(火) 21:13:56.24
    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1536670414/


    【【サッカー】日本代表がコスタリカに3-0で勝利! 国際親善試合】の続きを読む



    (出典 static.blogos.com)



    1 Egg ★ :2018/09/10(月) 22:23:02.30

    歴史的快挙も手放しに喜べない。世界ランキング19位の大坂なおみが全米オープン・シングルス決勝で元世界ランク1位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)に6-2、6-4でストレート勝ち。日本男女を通じて史上初めて4大大会シングルス優勝の快挙を達成したが、試合後の表彰式は異常な雰囲気に包まれた。

    大坂なおみ Getty Images



     試合中にセリーナが審判に暴言を吐くなど3度の警告を取られたことに、観衆の怒りが表彰式でもおさまらない。自身へのブーイングと勘違いした大坂は「みんな彼女(セリーナ)を応援していたことを知っています。こんな終わり方ですみません」と涙を浮かべると、「セリーナと全米の決勝で対戦する夢がありました。それがかなってうれしいです。プレーしてくれてありがとう」と16歳上の元世界女王に感謝のお辞儀。ブーイングが祝福の口笛と拍手に変わり大坂もホッとした笑顔に変わったが、心の底から喜ぶ雰囲気ではなかった。

     寛容な移民国家というアメリカの国是とはかけ離れた光景に、批判の声が殺到した。ネット上では「審判へのブーイングって言うけど、試合後の表彰の段階でブーイングし続けるっておかしくない?」、「米国のファンにがっかりした。審判へのブーイングも祝福の場ではやめるべき。大坂なおみがかわいそう。優勝の会見で悲しみの涙なんて前代未聞だよ。恥を知ったほうがいい」と痛烈な批判の書き込みも見られた。アメリカ国内でもメディアがセリーナと観客の態度を批判した。

     ニューヨーク・タイムズ紙は「涙に染められた大勝利」の見出しで、「怒りとブーイングと涙が大坂なおみの素晴らしい勝利を曇らせた」と解説。ニューヨーク・ポストは作家モーリーン・キャラハン氏の論評を掲載した上で表彰式で観客が大坂にブーイングし、全米テニス協会の会長が「私たちが求めた結末ではなかった」「セリーナは王者の中の王者」と述べたことに、「勝者を侮辱するような対応をした」と指摘した。また、同紙の別の記事では表彰式で泣き続けた大坂に同情し、「覇者として純粋な喜びの瞬間であるべきだった」と指摘した。

    ・合わせて読みたい→
    大坂なおみ、セレーナ 表彰式一問一答 涙、涙のセレモニー(http://cocokara-next.com/athlete_celeb/naomiosaka-ceremony-of-tears/

     今回の大坂なおみの涙の会見は世界中で大きな波紋を呼んでいる。ヨーロッパを中心に「全米オープンのファンはマナーが悪い」と非難の声に、「誤解しないでほしい。大坂なおみにブーイングしたわけではない」と米国民が反論してコメント欄が炎上することも。ファンが自国びいきになることは当然だが、試合が終わっても審判に対するブーイングが表彰式でも鳴りやまなかったことに賛否両論ある。いずれにせよ、歴史ある大会で勝者が悲しみの涙を流した事実は重く受け止めなければいけない。

    ※健康、ダイエット、運動等の方法、メソッドに関しては、あくまでも取材対象者の個人的な意見、ノウハウで、必ず効果がある事を保証するものではありません。

    2018年9月10日 12時0分
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15286286/


    【【テニス】<大坂なおみの涙の会見が起こした大きな波紋>米国ファンの態度に世界中から批判殺到!】の続きを読む



    1 春の呪い ★ :2018/09/10(月) 02:58:26.18


    (出典 image.dailynewsonline.jp)


    テニスの4大大会『全米オープン』に出場中の第20シード・大坂なおみが、大会11日目(日本時間9月7日)、女子シングルス準決勝で第14シードのマディソン・キーズを破り、日本女子とてして初の決勝進出を決めた。

    大坂は過去0勝3敗と苦手にしていたキーズに一度も主導権を渡さずに快勝。
    決勝戦に向けて「どうしても(決勝であこがれの)セリーナと対戦したかった」と笑顔で語った。

    大坂勝利のニュースが伝わるや、ネット上では「これはすごい快挙。このまま優勝してほしい」
    「この大会は絶好調だね。まさかの優勝もあるかも」と今後の、大坂の活躍を期待する声が広がった。

    しかし、その一方で大坂のインタビューを聞いた一部のネット民からは「比較的流暢な日本語だけど、明らかに日本人の発音じゃないよね」
    「大坂を日本人と素直に思えない自分がいる」「なおみはなおみでも、ナオミ・キャンベルに近いと思う」
    など、大坂の容姿やしゃべり方から“日本女子初の決勝進出報道に違和感”という声も出た。

    東京五輪を目指す大坂の胸中は…

    「大坂は日本人の母とハイチ人の父をもち、現在もアメリカに住んでいます。生まれは日本ですが、3歳のときに家族でアメリカに移住しました。
    国籍は日本とアメリカの二重国籍ですが、両親の希望もあり、
    テニス選手としては日本国籍を選択しているので、今回の決勝進出も“日本女子として初”となるわけです」(スポーツ紙記者)

    多民族国家であるアメリカに限らず、こういったことは世界的に珍しくないが、日本ではまだ一部に狭量な人たちがいて、大阪のようなグローバリズムの申し子に対して残念な意見が出ることもある。

    「卓球の日本代表の張本智和は、2014年に中国から日本に帰化し、張姓から張本姓になりましたが、今ではすっかり日本の顔として活躍しています。
    スポーツ界もこれからは帰化やハーフ、クオーターの日本人が増えてくるでしょう。
    大坂は日本人としてツアーに参加していますし、日本国旗を背負いながら勝利のポーズも取っています。
    日本語も相当勉強しているようですね。たどたどしい日本語が逆にかわいいと、ファンも急拡大しているようですよ」(同・記者)

    日本では二重国籍を認めていないため、大坂は22歳になる2019年10月15日までに国籍選択の届け出をしなければならないが、仮に日本国籍を選んでもアメリカ国籍は失わないで済むという。

    東京五輪を日本代表として出場することを目指ししている大坂にとっては、胸の内はすでに決定していることだろう。

    http://dailynewsonline.jp/article/1517199/
          2018.09.07 19:30 まいじつ


    (出典 amd.c.yimg.jp)

    https://amd.c.yimg.jp/im_siggQM*Eu_nEygpDfBnmWFEfw---x400-y289-q90-exp3h-pril/amd/20180906-00321936-nksports-000-4-view.jpg

    (出典 iine358.com)


    2018/09/07(金) 20:39
    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1536487015/


    【【テニス】大坂なおみ「日本女子初」の快挙に異を唱える残念な人たちとは ★12】の続きを読む



    (出典 kiyomiyakoutarou.com)



    1 Egg ★ :2018/09/04(火) 06:14:14.49

     第12回U18アジア野球選手権が3日に開幕。連覇を目指す日本は1次ラウンドA組初戦で香港と対戦。結果は19安打で26得点を挙げて26-0の圧勝。白星発進となった。

     大阪桐蔭の中心人物だった根尾昂が3回でサイクルヒットを達成させるなど活躍。2回に打者24人で19点を挙げるなど試合をあっという間に決定付けると、先発の野尻投手(木更津総合)も3回をノーヒットとまったく危なげなし。力の差を見せつけた。

     そう、力の差がありすぎたのだ。

     香港投手陣は速球が100キロに届くか届かないかで、守備もガタガタ。体格も小さく「大人と子供」状態の試合になってしまっていた。

     もちろん勝負の世界であり、選手たちはまったく悪くはなく、それが競技というものだ。ただ、もはや「中学生でも勝てそう」な相手が代表国として出場する「国際大会」への疑問はやはり拭えないようだ。

    「あまりのレベルの差、というよりはもはや『普及の差』がはっきりしてしまう内容に『これでは五輪種目から外されるわけだ』という声が出るのも仕方ありませんね。東京五輪では一時復活しますが、今後はまた外されるのでは、と今回の試合を見て改めて思った人は多いようです。盛んな国とそうでない国の差がありすぎて、盛んな国が少ないわけですから......。

    せめて日本や台湾、韓国に『シード権』を持たせてもよかったのでは、と思ってしまいます。このままではマイナースポーツのイメージが強まるだけですよ」(記者)
     どこか日本代表の自己満足にすら見えてしまう今回の試合。

     日本の選手たちにとっても「何も得られなさそう」な試合という意味では被害者かもしれない。
    (文=エンタMEGA編集部)

    2018.09.03
    https://biz-journal.jp/i/gj/2018/09/post_7751_entry.html


    【【野球】<高校野球U18>「香港に26-0勝利」惨劇に「五輪外されるの当然」の声。「レベル」どころか「普及」の差ありすぎ!】の続きを読む

    このページのトップヘ